RSS | ATOM | SEARCH
情報誌バックナンバー(2018年発行)

情報誌50号(2018年4月1日発行)

情報誌52号(2018年10月1日発行)

author:koshiji5238, category:情報誌, 10:18
-, -, - -
情報誌バックナンバー(2017年発行)

情報誌43号(2017年1月15日発行)

情報誌44号(2017年3月15日発行)

情報誌45号(2017年5月15日発行)

情報誌46号(2017年7月15日発行)

情報誌47号(2017年9月15日発行)

author:koshiji5238, category:情報誌, 10:01
-, -, - -
情報誌バックナンバー(2016年発行)

情報誌40号(2016年7月15日発行)

情報誌41号(2016年9月15日発行)

情報誌42号(2016年11月15日発行)

author:koshiji5238, category:情報誌, 09:51
-, -, - -
第19回自然保護助成基金の助成先募集中

1/20をもちまして申込を締め切りました。多くのご応募ありがとうございました。

 

新潟県内の自然環境の保全活動や調査研究活動に対し、資金助成をいたします!

 こしじ水と緑の会は、里山や水辺に代表される身近な自然環境を守り、現在と未来の世代に豊かな自然環境を提供することを目的に、2001年に設立されました。この目的を達成するために、朝日酒造蠅了抉腓鮗けて、民間団体と個人が行う新潟県内の自然環境の保全活動や調査研究活動に対し、資金助成を行います。自然環境保全に関わる皆様の応募をお待ちしております。

 

1.募集期間

2019年11月1日(金)から2020年1月20日(月)(当日消印有効)

 

2.助成金額

 原則として1件あたり最高50万円、10件に対して助成。

 

3.助成対象活動

 

(1)活動期間:2020年4月以降に開始され2021年9月までに完了する活動。

 

(2)活動内容:次のような活動が助成の対象となります。活動の対象となる地理的範囲は、原則として新潟県内ですが、県境に位置する山塊での動植物の研究や、信濃川・阿賀野川など他県からの流入河川を調査する場合は、この限りではありません。

 

・自然環境保全に関する実践活動

・自然環境保全に関する普及啓発活動

・自然環境保全に関する環境教育活動

・自然環境保全に関する成果の公表・出版

・自然環境保全に関する調査研究

 

地域住民が主体となって、実際に現場で行うような活動を審査では重視します。

 

募集要項はこちら

申請書はこちら

author:koshiji5238, category:自然保護助成基金, 10:13
-, -, - -
公益財団法人 第10期(2018.10.1〜2019.9.30)

第10期事業報告書

第10期貸借対照表

第10期正味財産増減計算書

第10期財産目録

第10期収支計算書

author:koshiji5238, category:事業書類, 10:07
-, -, - -