RSS | ATOM | SEARCH
第11回助成基金成果発表会
***********************
現在、第13回自然保護助成基金の助成先募集中です。
募集要項
申請用紙
***********************


11月23日、1年半の活動を終えた助成団体・個人が活動成果を発表する助成基金成果発表会を朝日酒造にて開催しました。

今回は13団体・個人が出席し、活動内容を発表しました。

にいがた貝友会は、シジミの標本を回覧してくれました。

1団体8分間という短い時間での発表でしたが、会場からは質問や助言などが活発にでていました。
本助成事業が、新潟県内の自然保護に関わる方々がつながっていくハブとなれるよう、今後も継続していきたいと考えております。

今までの助成団体・個人と活動内容は
こちらをご覧ください。
 
author:koshiji5238, category:自然保護助成基金, 15:40
-, -, - -
第13回 自然保護助成基金
2013年11月1日(金)より第13回こしじ水と緑の会・朝日酒造 自然保護助成基金の募集が始まりました

こしじ水と緑の会では、朝日酒造(株)の支援を受け、民間団体と個人が行う新潟県内の自然環境の保全活動や調査研究活動に対し、資金助成を行います。自然環境保全に関わる皆様の応募をお待ちしております。

募集期間
2013年11月1日(金)〜2014年1月20日(月) 当日消印有効

助成金額
原則として1件あたり最高50万円、15件に対して助成

助成対象活動
・活動期間:2014年4月以降に開始され2015年9月までに完了する活動
・活動内容:次のような活動が助成の対象になります。活動の対象となる地理的範囲は、原則として新潟県内ですが、県境に位置する山塊での活動や、信濃川・阿賀野川など他県からの流入河川を調査する場合は、この限りではありません。

(1)自然環境保全に関する実践活動
(2)自然環境保全に関する普及啓発活動
(3)自然環境保全に関する環境教育活動
(4)自然環境保全に関する成果の公表・出版
(5)自然環境保全に関する調査研究
地域住民が主体となって、実際に現場で行うような活動を審査では重視します。

お申込
以下より応募要項、申請書をダウンロードしご記入の上、事務局までお送りください。


第13回応募要項

第13回申請書

※過去の助成先や活動成果については、各回の成果発表会予稿集がございます。入手ご希望の方は事務局までお問合せください。

お問合せ
こしじ水と緑の会事務局
〒949-5412 新潟県長岡市朝日595-5
TEL・FAX:0258-92-5238
Mail:info@koshiji.org
author:koshiji5238, category:自然保護助成基金, 08:45
-, -, - -
第12回自然保護助成基金の助成先が決定しました
第12回こしじ水と緑の会・朝日酒造自然保護助成基金の助成先が決定しました。
2002年より行ってきた助成事業ですが、これまでに184件、約7,000万円の助成を行いました。

今年度助成金総額:720万円
助成先:全16件

助成団体・個人名(敬称略)
・新潟県立植物園友の会
  小学校中高学年対象とした植物の生態や自然の営みを学ぶ連続講座の開催
・ いわふね自然愛好会
  名勝“笹川流れ”の自然調査活動および調査報告書の発行
・松本将史
  能生川に遡上したサケの魚醤油の開発
・新潟県岩魚保存会
   阿賀野川支川と常浪川支流群のイワナの科学的保護増殖
・イバラトミヨ・水芭蕉の会
  胎内川流域における絶滅危惧種イバラトミヨの生息状況調査並びに報告書の刊行
・新潟河川生態研究グループ
  加治川水系の河川生態環境を明らかにする
・松之山自然友の会
  身近な自然の環境評価ツール開発のための十日町市内における市民協同アリ類調査
・NPO法人五泉トゲソの会
  分布南限域におけるイバラトミヨの個体数回復とミクリの再生
・新潟ワイルドライフリサーチ
  ツキノワグマの生態調査とイノシシの行動調査について
・五十嵐翼
  子ども研究所の設立による地域参画〜持続可能な山古志の将来像を描こう
・新潟水生昆虫研究会
  『新潟の水生昆虫図鑑』の作成
・高橋一馬
  十日町市蓬平・星峠に於ける天蚕生態調査継続及び地域活性化の試み
・高柳町じょんのびツーリズムの会
  自然に寄り添う(会話する)くらし方を、過去、現在、未来へと繋ぐための調査、記録、伝承
・向井喜果
  オオヒシクイの採餌環境選択性と福島潟および周辺水田の環境収容力に関する研究
・指村奈穂子
  絶滅危惧種バシクルモンの生育状況と分布特性の把握
・白井正樹
  新潟県粟島のオオミズナギドリ繁殖地内でのネコによる捕食被害に関する調査



助成先の皆様、これから1年半の活動よろしくお願いいたします。
author:koshiji5238, category:自然保護助成基金, 16:10
-, -, - -
第10回助成基金成果発表会を開催しました
******************
11月1日から第12回自然保護助成基金
の助成先募集が始まっております。
詳しくは以下をクリックしてご覧ください。

第12回助成基金詳細
******************


先月23日に助成基金の1年半の活動成果を発表する成果発表会を開催しました。
助成15団体・個人のうち、12団体・個人の皆様から口頭で活動成果を発表していただきました。



助成活動テーマと助成団体・個人は以下をご覧ください。
助成対象活動一覧(エクセルファイル)

活動内容は、外来魚の駆除、湖沼の水質浄化、絶滅危惧種の保護・保全など多岐に渡りました。
色々な形で当助成基金が新潟県内の自然保護活動に役立てられたことを事務局としてうれしく思いました。



発表終了後は、交流会で懇親を深めていただきました。
当助成事業を通じて知りあった方々で、新しい団体を立ち上げられた例もあります。
助成活動だけで終わることなく、当助成基金が新潟県内の自然保護に関わる方々のネットワークづくりにも役立つことが当法人の願いです。


author:koshiji5238, category:自然保護助成基金, 13:19
-, -, - -